埼玉・浦和ギターカーニヴァル

ギター300本×300人の大セッションの昨年レポート!

はじめまして!ギターカーニヴァル事務局の古川こと、ヨーラと申します!

いつも埼玉☆浦和から『ギタカ公式YouTubeチャンネル』を含めてネットの情報を発信しているスタッフの一人です!以後、お見知りおき下さい!

さぁ、いよいよギターカーニヴァル2018開催まで100日を切り、事務局の動きも慌ただしくなってきました!

今回から、前回の模様をお届けするブログコーナーを作り、Youtubeチャンネル同様にギターカーニヴァルの様子を楽しんで頂こうかと思っております。

そこで今回は、昨年の大きな目玉イベントの一つ「ギター300本×300人の大セッション」をレポート!

・あのミュージシャンと300ギターで大セッション!

「ギター好きが集まって、気が付いたらセッションが始まっていた・・・」。そんな気軽にみんなでギター愛を共有して、ここにしかないギターサウンドを創ろう!と言う、このイベント。

昨年はサウンド・プロデューサーに「パール兄弟」のギタリストにして、名プロデューサーの顔を持つ窪田晴男氏、そして日本が誇るアニメコンテンツの一つ、「ルパン三世」の劇中サウンドを手掛ける「Yuji Ohno & Lupintic Six」のギタリスト、和泉聡志氏を迎えて「ルパン三世のテーマ」をで大セッション!



(左が和泉氏、右が窪田氏、中央のにやけ顔のベースが私(ヨーラ)です)

メロディパート、伴奏パート、初心者の方でも弾ける「かんたんパート」に分かれて、会場にいる全員でアンサンブルを作っていきます。

エレキギターやベース、ウクレレ、タンバリン、手拍子の方も、もちろん今年も大歓迎!電池駆動のミニアンプを使ってもOKで、1人の出すギターの音量は、アコースティックギターやクラシックギターの音量を最大としました。




おふたりの軽妙なトークもあり、会場の雰囲気はとても和やか!



「あぁ、みんなギターが好きなんだな、音楽が好きなんだなぁ・・」

言葉にすると陳腐な表現になってしまいますが、そんな言葉を超越したような、 何とも言い難い不思議な一体感が、会場を包んでいました。電気に頼らない本当のアコースティック空間。 そこに言葉は必要ないのかもしれません。 


・今年の曲目は「戦場のメリークリスマス」




2018年は前回同様、窪田晴男氏と和泉聡志氏を迎えて、5月20日(日)に300人ギター大セッションの開催が決定!

そして、今年の曲目は「戦場のメリークリスマス」

坂本龍一さん作曲の、いわずとしれた名曲。押尾コータローさんがアコギ一本でカバーしたことでも話題になりましたね!

ギターカーニヴァル2018は19日、20日の2日間ですが、19日のみチケットをお求めいただいた方も、300人セッションへの参加は可能です!是非とも愛用の楽器を持参してご参加ください。アコースティックのサウンドがいくつも重なりあった瞬間は必聴の価値アリ!みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

そうそう!持って行った楽器はどうするの!?って質問を頂くのですが、、こうなります!

名物ギタークローク!



並ぶ、色とりどりのギターケース!
20日のメインステージが終演するまでセキュリティを待機させ、楽器をお預かりさせて頂きます。



チケットお求めはイープラス、及び、本特設サイトにて!

300人セッションで使用する譜面をご要望の方は、下記、ギター カーニヴァル実行委員まで楽譜希望のむねをご連絡、お問い合わせください。

メロディパート、伴奏パート、ウクレレパート、初心者用簡単パートをご用意しております!

では、またお会いしましょう!ヨーラでした!

お問い合わせ先 株式会社ジーアンドイー
(音楽教室ギターレ&エアスト内 水〜日 11:00〜21:00)
TEL:048-825-8097

楽譜ご希望の方はこちら!
E-mail:order@saimusic.jp

アーティストからの熱いメッセージ!そしてギターカーニヴァルのイベント情報など盛りだくさん!
【ギターカーニヴァル公式YouTubeチャンネル】

業界達人が語る!ギター名盤クロストーク